宮崎県大崎市の特長

宮崎県大崎市の特長とは

古川地区に多い宮城県大崎市の内科

宮城県大崎市は2006年3月に当時の古川市と田尻町、三本木町・松山町・鹿島台町、岩出山町・鳴子町が合併してできました。内科は古川地区に多く、他の地区でも地域医療を担う内科が開業しています。宮城県大崎市では老朽化した建物を刷新するため、大崎市民病院が災害拠点病院として建て替えられました。地域の中核をなす病院としての期待が集まり、地域住民の近くで開業する内科などの医院との連携が図られています。宮城県大崎市は合併前の地域の特徴が残る都市です。古川地区は大崎市で最も人口が集中する地域で、東北新幹線の駅があります。田尻、三本木・松山・鹿島台の各地区は、農業を主力産業とし、豊かな大崎平野で稲作を始めとする農産物を産出しています。岩出山地区は有備館を有することから観光にも力を入れ、道の駅は連日多くの人で賑わっています。鳴子地区は鳴子温泉が中心の観光が主力の地域です。良質な硫黄泉は独特のにおいがし、多くのファンが季節を問わず訪れています。宮城県大崎市は合併前の地域の特性を残しながら、各地域を結ぶ道路網が建設され、地域間の融合が図られています。国道4号や東北自動車道も走り、利便性が良いことから、工場の誘致にも成功しています。

↑PAGE TOP

Copyright © 宮崎県大崎市の特長とは. All rights reserved.